議員に期待されることを

常に県⺠の⽬線で提案・
活動に取り組んで全⼒投球

内閣官房長官官邸を訪問し、神奈川県としての新型コロナウイルス感染症対策や神奈川県政について、菅官房長官と意見交換を行いました。

令和2年7月豪雨に対して熊本県村井東京事務所長へ見舞金を贈呈しました。昨今の自然災害は猛威を増すばかりで私たちの想定を大きく上回り甚大な被害を与えています。防災対策に上限はなく県民の命を守る対策に今後も努めてまいります。

平成28年7月26日に県立津久井やまゆり園で発生した事件の犠牲者の方々に献花をさせていただきました。県では、事件を風化させることなく、ともに生きる社会を実現するために「ともに生きる社会かながわ推進週間」をこの時期に定めています。

令和2年5月の本会議で、第113代神奈川県議会議長に選出されました。新型コロナウイルス感染症が蔓延する中、その対策と共にSDGsの理念を踏まえた実施計画の構築と時代の変化、環境の変化に伴う「新たな課題に敏感に対応できる県議会」を目指してまいります。

各種団体や各方面の方々に議長室へお越しいただき、お話を伺ったり、意見交換を行い見識の向上に努めさせていただいております。

県が2025年に目指す姿を示した基本構想「かながわグランドデザインを実現するために、かながわグランドデザイン調査特別委員会委員長として、第3次実施計画を精査し進歩状況を確認し内容調査を進めました。

県政報告会を開催し、地域の方々に様々な県の取り組みを紹介するとともに、地域の諸問題について意見交換をすることで望まれる街づくりにつながると思います。

ベトナム視察では、ダナン外国語大学へ出向き、学生とコミュニケーションを図り、ベトナムの教育事情、将来望んでいることについて意見交換を行った。

新型コロナウイルス感染症の影響で、海水浴場が開設されないことにより、ごみの放置が懸念されるなか、私と副議長が発起人となり、県議会議員、藤沢市長、副市長、かながわ海岸美化財団代表理事、県職員などボランティアでビーチクリーン活動として藤沢市片瀬海岸東浜の空き缶やプラスチック片などのごみを拾いました。

8月30日に海上自衛隊の中東派遣第3陣として、護衛艦「むらさめ」が海上自衛隊横須賀基地を出港しました。オマーン湾やアデン湾など中東海域で日本関係船舶の安全確保の情報収集活動にあたります。その出国式に副議長と共に出席しました。

議員として期待に応える
地域の方々との交流を深めることが、
望まれる県政に繋がる